toshikuroが見たもの聞いたもの買ったもの

商品レビューや備忘録。

羊と鋼の森/宮下奈都(2015)

新聞の書評で見かけて、気になったので読んだ。

 

羊と鋼の森

羊と鋼の森

 

 

ピアノの調律師の青年の成長を描く物語だが、音楽を描く小説の常として、音は鳴らない。

マンガであれば感動する観客や、躍動感のある演奏で、その音楽の「凄さ」についてむしろ効果的な演出がなされることもある(『BECK』や『BLUE GIANT』あたりが想起される)が、小説ではそういったこともできない。普通に考えれば、音楽の豊かさを描くのは非常に困難なはずだ。

 

本書で代わりに用いられるのは、共感覚(シナスタジア)のような表現である。近時よく聞くようになった単語だが、時に、文字や音や数字に、色や景色や手触りを感じる人がいる。

共感覚 - Wikipedia

 

小説のほぼ冒頭で、主人公は、ある調律師が鳴らしたピアノの音に強烈な森を感じる。

 

これは音楽を描く小説として有効な技法であると同時に、小説の成り立ちにも由来するのだろう。

書評によれば、福井出身の作者が、北海道の自然の中で過ごした経験にインスパイアされて着想を得た作品ということなので、むしろそういったイメージから、そのようなイメージを想起するような音を文字で描く小説として出来上がっているからこそ、シナスタジア的な表現が多用されるのだと想像される。

調律師という職業は、フェルミ推定のお題でしか聞いたことがなかったが、よく考えれば、音について言葉でリクエストやフィードバックを受けながら仕事だから、その職業としての難しさや奥深さも上手くテーマに取り込まれている。

イベントやディテールを捨象して、人物の内面をひたすらに掘り下げていくことも小説が得意とする描写だが、本書も主人公の内面にフォーカスしていく。

そんな主人公が、言葉を額面通り受け取る(やや語弊があるが)少々アスペルガー的なのも、面白い。主人公の周りの人々が考えていることは何となく分かるのだが、主人公の受け取り方に、新鮮さ、みずみずしさを感じるのだ。

 

描き方は鋭く切り取るというよりは、水彩で塗り重ねるようで、本屋大賞になるのは何となくわかる。

さほど起伏のある話でもなく、ちょっと長い短編といった読後感だったが、十分満足したし、この人の本はきっとまた読むだろう。

クリード / Creed (2015)

ストーリーはシンプルの一言。それでいて、魅力的。ファイターは戦わずにはいられない。逃げたくなって、弱気になっても、最後には立ち向かう。

アクションの進歩は著しく、大迫力。手に汗握るし、クリードの一撃が決まると思わず歓声を上げたくなる。(”That's what I'm talking about!”) ロッキーの猫パンチへのアンチオマージュのようでもある。

映画「ロッキー」の最大の魅力は、ロッキー・バルボアの人柄に尽きるが、それは本作でも変わらない。老人となったロッキーが、何を語るのか、それも見たいと思わずにはいられないはずだ。

 

Creedというタイトルも良い。主人公の名前であり、かつ、「信念」というダブルミーニング。ロッキーとアポロの信念は、受け継がれていく。

 

 

ワイルド・サイドを行け/GLIM SPANKY(2016)


GLIM SPANKY「ワイルド・サイドを行け」MV (SHORT VER.)

ゴッドタンのエンディングで耳に残った。

ワイルドな歌詞。ノリノリのメロディ(ちょっとSuperflyぽい)もいいが、何よりの魅力はハスキーボイスか。ちょっと他には無い世界観で、売れない理由がないと思う。
MVはなんだか足が太く見えたり、野暮ったい雰囲気もあるが、そういったところも含めて魅力。
どんどん新曲を聴きたい。
 

ワイルド・サイドを行け

ワイルド・サイドを行け

  • GLIM SPANKY
  • ロック
  • ¥250

 

異類婚姻譚/本谷有希子(2016)

 

異類婚姻譚

異類婚姻譚

 

 

のっけから掴まれてしまった。

夫婦で顔が似てくるというのは、よく用いられる比喩だが、本当に似てきてしまうとしたら少し寓話的で、ちょっとしたホラーでもある。

同調していくことは心地がいいが、同化するのはなんとなく怖い。

気持ち悪いと思っているのか、そうなっていいのか疑問に思っているのか、あきらめているのか。主人公の心がうつろうと同時に、物語の現実感もうつろう。

読者は、ファンタジーなのか、主人公の認知の歪みなのか、判別がつかない。

回収されない伏線というのも、最近多用されている気がしてやや食傷気味なのだが、本作品でも非常に効果的であった。

面白かったー!

ファーナス 訣別の朝 / Out of the Furnace (2013)

救いがないが、妙な清々しさもある映画だった。IMDbではメッセージ性がわからないといった感じでプロットが叩かれているが、割と好きな類の映画。

アメリカの貧困はなかなかのものだなと、実体験が無いから分からないが、こういう映画を見るたびに思う。8 mile なんかを見たときにも感じた展望のない閉塞的な貧困。そんな環境で、前向きに生きていけるということは、それだけで偉大な人格だ。

地理的なイメージが分からなかったが、途中でニュージャージーに行くシーンでようやく東部の話だと分かった。アパラチア山脈部に、ああいう文化圏があることは知らなかった。

wikipediaなんかのあらすじはネタバレが著しいので、見ない方が良いだろう。

 

 

エンバンメイズ 1〜3巻 (2014〜2015)

負けると死ぬゲーム。というのはいつからやっているのか。

遊戯王なんかも最初はそのノリだったけれど、ハードにやり始めたのは嘘喰いあたりだろうか。ファラリスの雄牛のエピソードには心底怯えた。カイジも途中からは完全にそんな感じだったなあ。

GANTZ」、「エニグマ」、「神様の言うとおり」、「ダンガンロンパ」あたりの理不尽世界系は、否応なく死のゲームに巻き込まれるので少しニュアンスは違うか。「バトルロワイアル」も含めるか。映画だと「Cube」や「Maze Runner」あたり。小説もたくさんあるだろうが、今思い浮かぶのは「クリムゾンの迷宮」だけ。あれは面白かったなあ。。

 

エンバンメイズも、「負けると死ぬダーツ」の話と説明して、間違っていないと思う。

(同時に、サブエピソードでは巻き込まれ理不尽世界系要素もキッチリ取り込んでいて、隙がない。)

 

確実に満点を取ってしまうプレイヤー同士、しかも、心も動じないプレイヤー同士が、特殊ルールで化かし合うわけだが、どこまでネタが保つのかは不明。今のところ、嘘喰いのスピンアウトくらいの出来では進行している。続きが楽しみ。

 

弱点は可愛い女の子を描くのが苦手っぽいところか。(悪いオッサンのニヤニヤした表情は超絶上手い) 

エンバンメイズ(1) (アフタヌーンコミックス)

エンバンメイズ(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

エンバンメイズ(2) (アフタヌーンコミックス)

エンバンメイズ(2) (アフタヌーンコミックス)

 

  

エンバンメイズ(3) (アフタヌーンコミックス)

エンバンメイズ(3) (アフタヌーンコミックス)

 

 

コードネーム U.N.C.L.E. / The Man from U.N.C.L.E.(2015)

 

コードネームU.N.C.L.E. ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

コードネームU.N.C.L.E. ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

 

 

ナポレオン・ソロの物語は知らなかったが、

なかなか良くできた古典的スパイムービーであった。
 
コメディタッチだが、締めるところは締め、
主人公2人の心理描写も丁寧。
 
そして、全体通してお洒落である。当時をリアルタイムで知らないが、おそらく時代劇としても素晴らしい出来なのではないか。
弱点は、主人公たちが超人過ぎて、ほぼハラハラする場面がないこと。
そのあたりはルパン三世あたりに通ずるものがあるよね。